TV番組での『貴島 明日香さん』との対談内容

最終更新日:2023年1月22日

2022年12月28日 TV番組『HISTORY』にて貴島 明日香さんと対談

2022年12月28日、TV番組『HISTORY』(TOKYO MX)に出演させて頂き、司会の貴島明日香さんと対談した際の模様です。

貴島明日香さん:元『ZIP!』お天気キャスター、non-noモデル、タレント

対談内容

皆でアウトプットして、皆で成長していく

貴島「こんにちは、『HISTORY』のお時間です。この番組は、さまざまな業界で活躍する方々から、お仕事のこだわりについてお話を伺う番組です。MCは私、貴島明日香です。本日のゲストは、さくらいふ株式会社代表取締役の木村洸士さんです。よろしくお願いいたします。」

木村「よろしくお願いします。」

貴島「木村さんは、どのようなお仕事をされているのですか?」

木村「不動産投資のスクールの運営をしています。空き家や古い戸建て、それから古いアパートや新築アパート、これらの購入、空室対策、修繕、売却という4つの分野をオールインワンで指導しています。」

貴島「それは、どういうふうな指導のされ方をされているのですか?」

木村「会員だけが見られる会員サイトで、それぞれの分野の買い方であったり、空室対策など、私自身の経験を動画にして配信しています。コミュニティー機能もありまして、皆さんのノウハウや経験、失敗談などをどんどんアウトプットしてもらって、みんなで見られるような形にもしています。」

貴島「いろいろな情報を寄せ集めて皆さんの引き出しが増えるのは、すごくいいことですよね。」

木村「自分で経験して、トライアンドエラーを繰り返しながら、どんどんみんな成長してもらっています。」

入居者の立場に立って、入居者に満足してもらえる工夫が大事

貴島「現在、お仕事で大切にされていることはどういうことですか?」

木村「不動産投資というと、皆さんはマンション経営などをイメージされると思うのですけれども、それを少し賃貸経営という形で意識してもらって、少しずつでも入居者の気持ちに立って工夫していける経営をしてもらえるように心がけています。」

貴島「賃貸経営というのは、具体的にどういうことをするのですか?」

木村「入居者の住まいを提供する事業というものが賃貸経営なのです。大家さんが少しその意識を持つことで、お部屋探しなどをする時に『もっとこういうお部屋があったらいいんじゃないかな』などというふうに考えられるようになっていくのです。そうなると、やはり大家さんも『少しだけ工夫してみようか』などとなりますし、それによって入居者さんも満足してもらったりすることもありますので、すごくその意識が大事かなと思っています。」

貴島「今、『結構この条件が人気だ』というものがあるのですか?」

木村「最近だと、逆に壁紙をやらないで天井を変えてみたりしています。」

貴島「天井ですか!?」

木村「例えば、天井を黒く塗装してみたりしています。」

貴島「おしゃれですね!!」

木村「そういうふうにすると、すごく夜空みたいな感じで新しいお部屋になりますので、少し視点を変えて工夫してもらっています。」

不動産投資を通して、さまざまな角度から社会に貢献したい

貴島「今後の目標を教えてください。」

木村「今、このスクールが開始して2年で400名ぐらいになってきたのです。ですから、それをもっと継続して、1000人規模の大きな会にしていこうと思っています。それに加えて、やはり若い人にもっと『不動産っていいものなんだな』とか『ちょっとやってみても面白いな』と思ってもらいたいなと思っています。」

貴島「そのために今取り組まれていることは具体的にありますか?」

木村「日本の教育などでも、高校生から投資の授業みたいなものが少しずつ始まってきたみたいな話も聞きますけれども、なるべく早いうちから私たちはお金に関して勉強していかなくてはいけないと思いますし、自分なりにいろいろと貢献したいなと思っています。」

貴島「本日のゲストは、さくらいふ株式会社代表取締役の木村洸士さんでした。ありがとうございました。」

木村「ありがとうございました。」

TV番組:TOKYO MX『HISTORY』

実際の番組放送内容はコチラ

貴島 明日香さん https://www.instagram.com/asuka_kijima/

貴島さんも興味を持っていらした不動産投資スクール「神・大家さん俱楽部」、体験を実施しています。以下からご参加頂けるので、お気軽にお申し込みくださいね。

→ 「神・大家さん俱楽部」体験セミナーはコチラから

 

 

関連記事