あなたの物件の買い進めを有利に進める方法

最終更新日:2021年10月7日

物件を買い進めるためには、勢いだけではうまく行きません。

ご自身が買う物件の構造は何なのか?アパートなのか戸建てなのか?新築なのか築古なのか?そして、融資を使って買うのか現金を使うのか?

事前に色々なリサーチが必要となります。これらを先に行う事で、計画的で最も効率的な買い進目が出来るようになります。

買い進めの為のリサーチを行い、プランニングを固める

買い進めるにはリサーチが必要となりますが、まずはそもそも、あなたがどのような目標を立てていくのか、目標をしっかり立てる事が必要となります。

そしてその目標を実現する為には、どんな物件をどの様に買えばいいのかを、順を追って、固めていく必要があります。

Step1.目標を具体的に設定する

あなたが将来どのような姿でいたいのか、そしてそれを実現する為には、いつまでに、どれくらいの利益(キャッシュフロー)が欲しいのか、明確にしましょう。

毎月の利益30万円を得る所まで買い進めたいのか、毎月50万円なのか、毎月100万円なのか。

Step2.具体的な計画を立てる

利益毎月50万円を目標にした方であれば、どのような買い進めプランでそれを実現していくのがベストなのか、考えて計画を立てましょう。

利益が月50万円ということは、利益が生まれる買い進め方を継続して何棟か購入する必要がありますので、継続した購入計画を立てる事が出来るかどうか、がポイントとなります。

この計画を立てるには、最新の融資情報や、あなたに融資が出るかどうか等の基礎的な事前知識が必要となります(講座の中ではその辺りも具体的にお伝えしていきます)。

Step3.行動する

Step2の計画を具体的に立てる事が出来てから、行動に移ります。

不動産業者の一覧を作成し、ヒアリングをしていきながら、自身の立てた計画をさらに固めつつ、物件を具体的に探していきます。

不動産業者も膨大な数がいますし、また、得意分野もそれぞれ違います。どのように不動産業者をリサーチし、行動していけばいいか、講座の中で指南していきます。

3つのポイント

・あなたの不動産購入の目標を立てる

・目標を実現できる購入計画を具体的に立てる

・購入計画に沿って行動し、計画をさらに固めつつ物件探しに移る

24棟家賃5000万円手法 & 4大E-book プレゼント中

1つの収入源では不安だった、普通のサラリーマンの講師が、いかにして24棟家賃年収5000万円になったのか、その手法をまとめています。今なら、4大E-bookもつけて期間限定でプレゼント中です。

ぜひこの機会に、ダウンロードしてみて下さい。

 【成功事例】利益を大きく出した方々の事例集

 

関連記事