大規模修繕(例.雨漏り)の対処方法

最終更新日:2021年10月7日

大規模修繕費用は、賃貸経営者にとって、悩みの種です。

雨漏りや外壁塗装では一発200万円など普通に見積りが出ますし、配管ではある部屋の見積りだけで60万円など出る事も。

傾いた物件はジャッキアップで100万円~、シロアリや、内装修繕、設備交換(エアコン、キッチン、トイレ、洗面台、ガス給湯器)も含めたら、どれほどの修繕費が必要になるでしょうか。

これらを、「DIYをせずに」いかに「メチャクチャ安く」済ませられるか、というのを頭を捻りに捻ったのが、本講座の神スキルとなります。本講座のスキルを使うと、各修繕が半額以下や、雨漏りであれば200万円の見積りが5万円になるなどもザラにあります。

雨漏りの対処の場合

本日は例として、雨漏りの対処について、考えてみましょう。

普通に雨漏りが起きた場合には、屋根業者に見積りを依頼する事になると思います。本講座の受講生は、以下の流れを考えて行きます。

Step1.雨漏りが起きうるパターンを全て知る

本講座の中で、雨漏りが起きうるパターンを全て知ってしまいます。そして、どう直せばいいのかも、簡単に習得してしまいます。

Step2.直し方、修繕の依頼先を知る

どうやって直せばいいのかを学んだら、修繕依頼を出す依頼先も、講座の中で学んでいきます。

Step3.発注する

正しく発注します。

流れとして大事なのは、Step1,2で、冷静に、雨漏りのパターンと、それ毎の直し方、直す発注先を頭に入れる事です。

結果として、200万円の雨漏りが5万円で済むこともザラにあります。

講座の中ではそれらを全て明かしています。是非一緒に習得していきましょう。

3つのポイント(例.雨漏りの場合)

・雨漏りのパターンを全て知る

・雨漏りのパターン毎の直し方、発注先を知る

・正しく発注する

 24棟家賃5000万円手法 & 4大E-book プレゼント中

1つの収入源では不安だった、普通のサラリーマンの講師が、いかにして24棟家賃年収5000万円になったのか、その手法をまとめています。今なら、4大E-bookもつけて期間限定でプレゼント中です。

ぜひこの機会に、ダウンロードしてみて下さい。

 【成功事例】利益を大きく出した方々の事例集

 

関連記事